Fast & Slow

日々雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADIOHEAD at Saitama Super Arena

土曜日。さいたまスーパーアリーナで開催されたレディオヘッドのジャパンツアーへと行ってきました。しかも日帰りで。当然なんだけど、素晴らしかったです。一緒にいったUK氏と感動に浸ってきました。トムは、赤のパンツにフレッドペリーのポロシャツ(黒地にピンクのライン)というシンプルな出で立ち。全25曲、お腹いっぱいです。
スポンサーサイト

Clammbon at 日比谷野外音楽堂



クラムボンの野音公園に行ってきました。昨日、8/30日の公演です。今日も演ってるはずです。写真見てもらえば分かると思うんですが、あいにくの雨。これは開場前の様子なのですが、開演後にはさらに雨脚が強くなってきて、一時は本当に土砂降りになりました。でも、雨なんぞちっとも気にならないぐらい素晴らしく力強い演奏でした。久々にライブで感動した。

初めての野音だったのですが、環境が抜群に良いです。雰囲気がありますね。回りを囲む木々から聞こえてくる蝉の声も、いい感じです。今回の場合は、これに加え雨音もミックスされていましたけど…。確保した席が、立ち見席という事で、どの程度見えるか不安だったのですが、全然余裕で見れますね。むしろ、指定席なんかより、自由度があっていい。公演中に、缶ビールも買いに行けます。開演前に生ビール1杯、開演中に缶ビール2本を飲み干しました。音に酔い、酒にも酔って、上機嫌です。

演奏した曲ですが、意外にカバーが多かったです。ナイトクルージングはもちろんのこと、波よせて、以心伝心、外出中も演奏しました。波よせてが大好きなので、これは嬉しかった。

セットリストは以下のとおりです。mixiからの転載です。
もう、ほとんど完璧じゃないでしょうか。一つ贅沢を言わせて頂くとすれば、サラウンドは今日のテクノミックスバージョンじゃなくて、オリジナルが良かったなぁと。

1. GOOD TIME MUSIC
2. シカゴ
3. 君は僕のもの
4. はなればなれ
5. 以心電信
6. 外出中
7. 波よせて
8. コントラスト
9. ホムンクルス
10. トレモロ
11. ミラーボール
12. ハレルヤ
13. ララバイ サラバイ
14. 残暑
15. Carnival
16. バイタルサイン
17. サラウンド

(en)
1. id
2. ナイトクルージング
3. sonar
4. Folklore

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 DAY2

えーと、2日目です。

この日は、早くから観たいアーティストは居なかったので、札幌市内にあるスープカレー屋さんyellowで昼食を食べてから会場入り。ホテルで貰った地図の端っこに載っていたカレー屋だったのだが、これが実に美味かった。それもそのはず、このお店、札幌スープカレーランキング2007第一位だったらしい。なんたる強運。

2日目は昨日の雨模様とはうってかわって晴天に恵まれた。


観たアーティストは以下。

MONGOL800 → Double Famous → BEAT CRUSADERS → pupa → Mr.Children → EGO-WRAPPIN' → □□□ → ゆらゆら帝国 → サニーデイ・サービス → 東京スカパラダイスオーケストラ


でも、この中で全編観たのはサニーデイぐらいなもので、他は20分ぐらいずつかな~。ちまちま観てました。時間がかぶってるのも多かったし。でも、pupaを全部観なかったのは、非常に後悔しています。3曲目で大好きなCreaksを演奏したので、満足してしまったのです。今年のエゾ最大の後悔はここですよ、ここ。□□□は初めて観た。とにかく人少なかったです。こちらも大好きな曲、渚のシンデレラを演奏したのですが、当然ながら大木美佐子が居ないので、魅力大幅減なんですが、やっぱ曲が良いってことで、楽しめました。□□□と同時間帯だったゆらゆら帝国は中盤から終盤にかけて観たけど、凄かった。坂本のキレっぷりがいつにも増して。今日はマラカスでなく、タンバリン振りながら唄ってました。サニーデイの頃は、もう極寒でして、新聞紙とビニール袋に包まってシートエリアで観てました。NOW→月光荘→旅の手帖→ここで遭いましょうの流れにはウルっときましたよ。そして、最後(本当の最後はコーヒーと恋愛ですが)はサマーソルジャー。昔と比べると曽我部の声に艶っぽさが無くなった気がするけど、珠玉の曲は健在でした。もう少し暖かいところで聴ければ良かったんだけどねー。朝方はやっぱり辛いです。最後はスカパラですが、実はここだけの話、スカパラあまり好きじゃないんですよね。これまで、フジやらアラバキやらで散々出くわしているんだろうけど、まともに観た事無いですし。というわけなので、私のエゾは事実上サニーデイにて終演してました。

写真です。

前の日に食べたナッカムのスープカレーの隣にあったブラックチキンカレー。これはハズレでした。


レッドスターフィールド。フジで言うところのヘヴンの位置付けですかね。雰囲気が足りない気がするけど。


陽気な外国人さん。エゾもちらほら外国の方が居ます。


朝焼け。気温は15度弱ぐらいだと思う。とにかく寒かった。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 DAY1

あいにくの雨の中、すでにトップバッターのくるりの演奏が終わろうかという頃に会場に到着しました。本日は矢野顕子と電気グルーヴだけ観れればいいやぐらいの軽い気持ちだったにも関わらず、終わってみれば沢山観てました。

以下、本日観たアーティスト。

矢野顕子 → Port of Notes → 曽我部恵一ランデヴーバンド → スチャダラパー → Buffalo Daughter


結局、電気は観ませんでした。いや、観れなかったというのが正しいかな。Buffalo Daughterの素晴らしいライブ(賞味70分)に魅せられ、テント外に出た時には既に電気は終わっていたのです。今こうして振り返ってみると、このライブが今年のベストアクトでした。フェスの場合、大抵は自分の目当てのアーティストではなくて、何かの拍子で観てしまったバンドがベストアクトになる場合が多いのですが、今回のもまさにそれ。他には、Port of Notesも降りしきる雨の中素晴らしい演奏をしてくれました。これを観て、翌日はDouble Famousを観ようと心に誓ったのだが、わずかしか観る事ができなかった。予定通りに行かないのがフェスであり、それがフェスの醍醐味なんだよなーと改めて気づかされたエゾ初日でした。

会場の様子。


ナッカムのスープカレー。ベストミールはこいつに決定。


いちおう、お決まりですが、ゲートの写真。

YSIG at SENDAI JUNKBOX

YOUR SONG IS GOODのライブに行ってきました。対バンは8 ottoです。ユアソンはいつもどおり、お祭り騒ぎの楽しいライブでしたが、今日は8 ottoに痺れました。カッコいいです。メンバーは4人で、ドラムボーカルにギターが2本、そしてベースという構成。当然純国産バンドなんですが、音はもう洋楽ですね。全然日本のバンドっぽくない。ひたすら迫るリズムの壁は、チックチックチックを思わせるし。ギター2本の壮絶な弾き合いは、プライマルスクリームのイネスとヤングとケビン・シールズ(1本足多いけど)あたりを感じました。

ライブ終演後、ユアソンのニューアルバムのCM撮影をするということで、残ってくれる人を集っていました。50人強ぐらい残ったのかな。途中で帰ってきましたが、JJのダイブをみんなで受け止めたりしてました。はやく、完成版を見たいものです。

ん、

と思ったら、このブログを書いているのは、7月19日なので、ひょっとしたら、アップされてるんじゃないのか。

お、あった、あった。オフィシャルサイトにCM動画ありました。こちらです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。