Fast & Slow

日々雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Last.fm COOのインタビュー

Last.fmのCOO(chief operating officer:最高執行責任者、企業のNo2)であるMartin Stikse氏のインタビューです。インタビュアーは4ADレーベルの大ファンのようですが、きっちり仕事をこなしています。Last.fmの今が解かる素晴らしい内容だと思います。

Interview with Martin Stiksel of last.fm - E-consultancy.com

当然、英語のインタビューですが、twangさんのブログに大変詳しい日本語の要約がありますので、英語が苦手な方はこちらをご覧ください。

too high: Last.fm:COOのMartin Stiksel氏のインタビュー記事

私が興味を持ったポイントは次のとおりです。

  • 毎月、1500万人のユニークアクティブユーザーが居る。マーケティング活動は全く行っておらず、口コミだけでここまで成長した。
  • 30万種類以上のタグが付けられている
  • 毎月3億5000万曲の楽曲がユーザーからlast.fm社のサーバーに送信されている。
  • 多くの人はLast.fmはシリコンバレーの会社だと思っているみたいだけど、実際はLast.fmはロンドンにある。

Last.fm社のサーバーがもっさりしているとか重いとかさんざん言われているけれど、毎月3億5000万曲、つまり3億5000万ずつレコード数が増加してゆけばそれは重くなって然りである。ただ、Last.fmの肝である「自分と同じアーティストを聴いている人が聴いている他の楽曲は、自分も好きなはず」という思想*1に基づいたデータ算出ロジックは、とにかく蓄積されるデータ量が多ければ多いほど、その精度が増していくはずだから、サーバーが重くなるのは同社にとって、むしろ嬉しい悲鳴なのでは。私も今日時点で11,600曲ほどの楽曲をサーバーに提出しています。このデータが音楽好き同士を結びつける貴重なデータとして活用されていると思うとちょっと嬉しかったりする。今後もLast.fmにはお世話になっていくと思います。

*1 自分のNeighbourラジオなんかは、この思想に基づいたオススメ楽曲が再生されるのだが、この精度が恐ろしく高く、いわゆる「ハズレ」な曲が殆どありません。万が一「ハズレ」の場合はBan(この曲“嫌い”と明示して次曲へ進む)すれば良いわけだし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
記事に本エントリ(http://apples65.blog69.fc2.com/blog-entry-***.html)へのリンクが含まれていない場合はトラックバックを受け付けません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。