Fast & Slow

日々雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイングアームが壊れた(軽症)

週末、長い冬眠からバイク(FTR223)を始動させました。外しておいたバッテリーを装着し、燃料コックをONにし、チョークを目一杯引いてセルを回すと一発でかかった。素晴らしい。すると「ガガガガガッ」とチェーンカバーの方から異音がするではないか、おもむろに目をやると、アルミ製のチェーンケースとスイングアームが振動でぶつかり合っている事に気づいた。「う~む」これは一体? と思ってさらに音が出るところを凝視すると、なんとチェーンケースとスイングアームを繋ぐステーみたいな部分がぽっきり折れている。冬眠に入る前は繋がっていたはずなのに、いつの間にかぽっきりいってしまった様子。

チェーンケースは2箇所でスイングアームとねじ止めされているのだが、そのうちの1本が取れてしまっては、ぶらぶらしちゃって走行できない。仕方無いので、チェーンケースを外して走行しました。チェーンむき出しなので、雨降りの日や、油差した日は飛散しそうです。

バイク屋に持ち込んだところ、スイングアームの交換か、溶接で断裂した箇所を接合することで直せるとのこと。溶接の方が安く済むが、それでも1万円オーバーの修理費なので、断ってきました。だって、チェーンケース無くても走れるもの。しばらく様子見ます。

帰宅後、ヤフオクでFTRの中古スイングアームを検索したところ、数千円で出品されてました。これを購入して工賃を払ってバイク屋に取り付けてもらった方が安く済みそうだ。しばらくウォッチして状態の良い物を安く手に入れたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
記事に本エントリ(http://apples65.blog69.fc2.com/blog-entry-***.html)へのリンクが含まれていない場合はトラックバックを受け付けません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。