Fast & Slow

日々雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume at SENDAI JUNKBOX

いろいろな意味で貴重な体験だったんデスよ。

もう3日も経ってしまったけど。きちんと書いておかねば。16日金曜日。Perfumeのライブを観るためにジャンクへ。水曜日のスペアザに続き、今週2度目のジャンクです。オリコンで1位を奪取して、武道館ライブまで決定した彼女達ですから、ライブのチケットは当然完売。私は運良く友人から入手しました。「とりあえず観ておこうかなぁ」という程度だったので、二桁番号にもかかわらず、開演ぎりぎりに到着して、入口扉前で全体を俯瞰することにしました。

会場に入ると、まず、照明と映像に目がいった。5機の可動式スポットライトと3台のモニタがこの日のために増設されてました。ライトがぐりんぐりん動き、後ろには映像が流れます。もはや、ここはいつものジャンクではありません。もちろん、お客さんも異色。男女比率は9:1といったところか。横に大きい男性が目立ちます。チケットは400番台まで発券してたみたいですから、当然満員。しかし、会場全体が濃密な圧縮状態であったかというと、そういうわけでもなく、空いてる部分もチラホラあった。特にPA卓の右手前方とかは結構空いてたんじゃないかな。毎度毎度比較に使って恐縮ですが、やっぱり去年のコーネリアスの方が混んでたと思う。あっちは会場内どこも隙間なくギッシリでしたから。

開演は約15分押しでした。その間のSEはメタリカやらブラーやらメジャーどころがかかってました。1曲目は「GAME」。この曲が始まった途端、堰をきったように客が飛び跳ねる。最前から最後列までみんなジャンプ。この一体感はなんだ? さらに、エレクトロワールド、コンピューターシティと一気にファンを捲くし立てる。開始3曲で、会場は早くもヒートアップ。この後、悲惨なことになる。

ライブも中盤に差し掛かると、ライブ慣れしてないのか、前方のモッシュから脱落する人多数。倒れて運ばれる人6~7名。彼らは当然入口扉から離脱するため、必然と扉は開きっぱなし、そこを目が虚ろな離脱者がふらふらと行き来する状態に。地獄とまではいかないけど、普段のジャンクではなかなかお目にかかれない有り様でした。普段ライブ行かない輩が、仙台まで遠征してきて、この仕打ちだったら「これはまさに地獄だ」とか言うんだろうなぁと。ジャンクがどういう場所か良く解ってる人でも、今日はしんどかったと思うよ。こういう事態になったのには、3つ原因があると思う。

1.プロモーター(GIP)の読みの甘さ。
2.ジャンク以上、ZEPP未満の箱が存在しない。
3.漢多し。ほとばしる汗、立ちこめる湯気。

1は言わずもがな、もっと大きな会場を押さえなかった、プロモーターの責任。まあ、公演が決定した段階では「Perfumeって何者よ? ジャンクで充分じゃね?」って感じだったんじゃないかな。2は、1にも関連するんだけども、仙台でジャンク(500弱)よりも集客見込めるけど、ZEPP(1500強)程じゃない場合って、街中に選択肢無いよなーと。800ぐらいの箱があると良い。この秋オープンのパルコと一緒にクアトロができればいいんですけど。ちなみに、Perfumeの新潟公演やった、新潟LOTSってとこは、800人らしい。そして、3はねぇ、これは仕方ないかぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
記事に本エントリ(http://apples65.blog69.fc2.com/blog-entry-***.html)へのリンクが含まれていない場合はトラックバックを受け付けません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。