Fast & Slow

日々雑感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台アウトレット考察

会社からほど近い場所に今秋オープン予定の仙台泉プレミアアムアウトレットの店舗リストが発表されてました。

仙台泉プレミアム・アウトレット|ブランド

あわせて、隣接する場所に同時オープンするタピオの店舗リストもアップされてました。

泉パークタウン タピオ/IZUMI PARK TOWN Tapio

そして、この2つに先だって、9月にオープンする三井アウトレットパーク仙台港の店舗リストもありました。こちらは、時期的に言って、とっくに発表済みだと思うが、今日初めてみた。

店舗一覧(PDF:174KB)

全部合わせて、200店舗以上。すごいなー。でもやっぱり被っている店もあるそうで、今日の河北新聞によると、プレミアムアウトレットと三井アウトレットでは、22店舗重複だそうです。

個人的に気になる店舗は、以下でしょうか。

1.仙台泉アウトレット
ボーズ(ヘッドフォンの試聴とかいろいろできそう)、ビームス、アローズ

2.タピオ
コロンビア、モンベル(アウトドア系強し)、スタバ(会社帰りにコーヒーひいてもらえる)、ABCマート(とりあえずあると便利)

3.三井アウトレット
ぴょんぴょん舎 オンマーキッチン(ついにぴょんが仙台進出)、モンベル(こちらにも進出)、オニツカタイガー(アウトレットなんてあるんだね)

先日のパルコといい、これ(郊外型アウトレット)といい、東北地区の仙台一極集中が加速しています。仙台圏はガソリン高騰で、渋滞が緩和されてきたのに、これでまた渋滞が増加しそう。通勤に影響無ければいいけど。

HELLO IT'S ME, PARCO

「Hello It's Me」で真っ先に思い浮かぶのは、トッド・ラングレンだよなー。まあ、それは良しとして、昨日、雨の降りしきる中、オープンしたばかりの仙台パルコに行ってきた。もう夕方だってのに、相変わらず混んでたよ。とりあえず、2階~8階までぶらっとしてきた。トータル30分弱。そのうち、15分はたぶんタワレコだ。フレッドペリーが仙台に復活したのが嬉しいです。

それにしても、駅前が華やかになった。ここが、あのバナナ餃子のバラがあった場所とは思えないです。

タワレコでは、復活したヴァーヴのアルバムを購入。10曲で60分以上という大作で聴くのに疲れそう。でも、リチャード・アシュクロフトの声は健在ですな。

ForthForth
(2008/08/26)
The Verve

商品詳細を見る

水ぶくれが

昨晩は、泉区の花火大会を観た後に、道とん堀でお好み焼きを食べる予定でした。しかし、あいにくの雨模様かつ無風のため、花火が全く見えず、最初の5分と見ないうちに、道とん堀へ。お好み焼き、もんじゃ、いか焼き、えのき焼き、ビールをたらふく食べて、5人で計15000円オーバーでした。道とん堀でこれだけの金額を請求されるのは初めてです。途中、熱々のもんじゃが私の左腕に垂れて、火傷してしまいました。今日になったら、ダンゴムシが腕にへばりついているかの如く、水ぶくれになってました。ちょっと気持ち悪いから、潰したいのだが、水ぶくれを潰すのは良くないらしく、そのままにしておく事にします。

道とん堀を後にし、テクテク歩いた後に、ほど近い、うみんちゅう花々へ。さっきまであれだけ飲んで食ったのに、ジーマーミ豆腐、ゴーヤーチャンプル、ソーキ唐揚げ、しまらっきょうの天ぷら、などを食し、泡盛を飲んできた。やっぱりこのお店は美味い。そして、フラフラになりながら帰宅。久々に食べたー。という感じです。

HTB

小樽の翌日。この日は午後のフライトで帰仙する予定だったので、午前中はHTBへと向かうことに。HTBは言わずと知れた「水曜どうでしょう」を世に送り出した北海道のローカルテレビ局である。どうでしょうの放送が終わって、数年が経とうとしているのに、いまだに全国各地から、どうでしょうフリークが集まる聖地です。テレビ局のロビーには「一言どうぞノート」が置いてあり、訪れたフリークが、熱い思いを綴っている。やはりRISING SUN ROCK FESTIVAL終わりで訪れた輩が多かったらしく、この一両日だけで2ページ以上の書き込みがあった。社屋の隣には「前枠・後枠」でおなじみの「平岸高台公園」があり、沢山のどうでしょうファンが撮影や散歩に興じていた。もちろん、番組を真似て丘から駆け下りてくる輩も居た。当初景色だけ撮影していたのだが、やはり自分もフレームに収めたい衝動に掻き立てられ、写真を撮ってもらうことに。お願いした彼は、山口から小樽経由でカブでやってきた強者。本物です。さらに一緒に居合わせた関東からRISING SUN ROCK FESTIVAL経由で来たという女性とも意気投合し、3人で大はしゃぎ。ザクで丘を駆け下りるシーンを撮影したりと、思わぬ大撮影会になってしまいました。いやはや、どうでしょうは人をも簡単に繋ぎます。帰り際に良い思い出ができました。

HTB社屋、ONちゃんが居ました。


平岸高台公園。ここで数々のドラマが。


社屋ロビーには、どうでしょうゆかりの品がディスプレイ。これは「雪面のとび魚」ですね。

小樽

エゾが終わり、朝6時。麻生駅近くのマックにて「さーて、ホテルのチェックインは15時、それまでどーするかのー?」と考えた挙げく、無計画に小樽行きを決定。フェス期間中には見られなかった雲一つ無い青空が広がる中、1人とぼとぼ小樽市街を散策してみました。Xacti大活躍です。天気がいい日だと、Xactiの静止画もなかなかです。

見てください、この景色。長崎にも函館も負けないぐらいの坂ですよ。天気良すぎて、石狩湾を挟んで対岸まで見えてます。


小樽天狗山スキー場より。まさに絶景。写真じゃ10分の1も伝わりません。


運河です。


日本銀行旧小樽支店金融資料館。無料ですし、小樽に行ったら是非訪れるべし。1億円の札束は意外な程に軽かった。


明治29年に建てられた岩永時計店。小樽で最も古い店舗の一つだそう。




【“小樽”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。